• TOP
  • >
  • 市民の皆様へ

横浜市看護職員認知症対応力向上研修 実施要領


1.目的

医療機関等の看護職員が入院から退院までのプロセスに沿った必要な基本知識や、個々の認知症の特徴等に対する実践的な対応力を習得し、同じ医療機関等の看護職員に対し伝達をすることで、医療機関等での認知症ケアの適切な実施とマネジメント体制を構築できるようにする。


2.対象者

横浜市内の医療機関等で勤務する看護職員(指導担当者・リーダーなど指導的 役割の職員) 200名程度


3.受講料 無 料


4.日程・会場

1・2日目(講義):横浜市社会福祉センターで実施(定員200名)
3日目(演習):横浜市病院協会看護専門学校で実施(各日程定員100名)

カリキュラム 月 日 講義時間 場  所
1日目講義 10月1日 (火) 9:40 16:30 横浜市社会福祉センター
中区桜木町1-1横浜市健康福祉総合センター内
2日目講義 10月10日 (木) 9:30 16:30 横浜市社会福祉センター
中区桜木町1-1横浜市健康福祉総合センター内
3日目講義
演習
@ 11月10日 (日) 9:30 16:30 横浜市病院協会看護専門学校
港南区港南台3-3-1
A 11月17日 (日) 9:30 16:15 横浜市病院協会看護専門学校
港南区港南台3-3-1
@とAのどちらかを選択してください


5.研修内容

(1)基本知識(講義)
   認知症患者の入院から退院までのプロセスに沿って基本的な知識について
(2)対応力向上(講義・事例検討)
   個々の認知症の特徴・症状に対するより実践的な対応力(アセスメント、
   看護方法・技術、院内外連携手法)について
(3)マネジメント(講義・グループワーク)
   マネジメント(人員、環境、情報環境等)の実践的な対応方法及び教育技
   能について



6.研修内容

カリキュラム 別頁を参照ください(カリキュラムはこちら


7.修了証(認知症ケア加算2の研修該当)交付

各最終日、受講出席を確認の上、市長名による「厚生労働省が定める看護職員認知症対応力向上研修」の修了証を、横浜市から修了者に交付します。


8.受講手続き

(1)受講者募集・申込手順
・市内各病院等あてに案内を郵送します。【 7月上旬 】
・公益社団法人横浜市病院協会ホームページにて実施要領を公表します
 【 7月11日(木) 】
・申込は、すべて病院等の単位(組織単位)で行っていただきます。
・第1段階の病院等予約エントリー、第2段階の受講希望エントリー
 と分けて手続きを進めます。
・定員200名、先着順に受付します。(1病院5名まで
・第1段階の病院等予約エントリー締切後、定員に達しない場合は、後日、
 追加募集いたします。
(2)第1段階 病院等事前予約エントリー
【 7月11日(木)〜7月19日(金) 】
・受講希望される病院等は、公益社団法人横浜市病院協会ホームページ
横浜市看護職員認知症対応力向上研修」から行っていただきます。
・「窓口となる責任者・受講希望人数」などの情報を確認後、受講希望者
 エントリーサイト、ログインID、パスワードをメールでお送りします。
(3)第2段階 受講希望者エントリー
【7月24日(水)〜8月23日(金)】
・病院等の単位で、受講希望者エントリーサイトから行っていただきます。
・本研修(全3日間)の内3日目は下記の2日程に分かれて行います。ご希望の
 日程を選択してください。
 @【11/10(日)横浜市病院協会看護専門学校】 定員100名
 A【11/17(日)横浜市病院協会看護専門学校】 定員100名
・エントリー完了後、病院等ごとに受講受付番号をメールでお送りします。
(4)申込完了後
・申込期間終了後、病院等ごとに受講決定のメールをお送りします。<8月末予定>
・受講決定者には、病院等ごとに受講票を一人づつ
 個包装にしてお送りします。<9月20日頃予定>


9.個人情報保護について

個人情報の取扱いは、公益社団法人横浜市病院協会ホームページ 研修申込フォームに掲載のとおりです。
必ずご確認の上、お申込みください。


横浜市看護職員認知症対応力向上研修



お問合せ
公益社団法人横浜市病院協会 事務局  堀川、上村
電話:045−250−5717